外来機能報告制度がもたらすもの①(全4話)

令和4年4月からはじまる「外来機能報告制度」とは


地域における医療機関の外来機能を明確にすることで患者の流れを円滑にし、外来患者の待ち時間短縮や勤務医の外来業務の負担軽減、医師の働き方改革等につなげることを目的とするとされています。


具体的には、毎年行われる病床機能報告と同じ時期に、国が提供したナショナルデータベース(NDB)のデータを参考にして、病院や参加を希望する有床診療所が自院の外来機能を都道府県に報告する形を想定しています。


報告時に医療機関には、「医療資源を重点的に活用する外来を地域で基幹的に担う医療機関」になるか否かの意向を聞き、それを基に地域医療構想調整会議などの協議の場で指定するかを検討していく方針です。




自院の外来機能は地域においてどのような役割か?

何を求められているのか?

今からできる必要な再編計画は?


つづきはシリーズ2話にてお伝えします!


#外来機能報告

#外来機能報告制度

#働き方改革

#NAOマネジメント株式


10回の閲覧0件のコメント